ロゴ

迷っている方へ!電話加入権を利用して良かったこと

HOME>Review>災害時でも連絡を取りたいなら電話加入権を検討するべき

災害時でも連絡を取りたいなら電話加入権を検討するべき

固定電話

個人で起業をするのなら、固定電話があった方が有利になるとされています。すぐにでも固定電話を使える状態にしたいと思い悩んでいるのなら、プロに任せておくといいかもしれません。

この話題の口コミ

信頼度が上がったように思います。[30代|男性]

個人で仕事をすることになり、自宅兼オフィスに電話加入権のある固定電話を設置しています。仕事だけを考えれば携帯電話で十分なのですが、ただでさえ信用されにくい個人事業なので、固定電話があったほうが信用力が上がると考えたからです。取引先と話をする場合にも、連絡先に携帯電話番号だけでなく固定電話番号があると、相手も安心するように感じます。商談はほぼ100%携帯電話で行っていますが、あるというだけで効力があるなら、固定電話も無駄ではないと判断しています。特に、まだお世話にはなっていませんが、事業用資金をどこかから調達しようとした場合には、固定電話の有無は非常に大きな信用の差になります。御守りと言われるかもしれませんが、自分は必要性を感じています。

携帯の通話代を抑えることができました。[30代|男性]

とにかく月の出費を抑えたくて、どうにかしてどこか削れないか隅々まチェックしていたら、意外にも携帯電話より固定電話のほうが通話料金が安く出来ることを発見しました。今までスマホの方が断然料金が安いと決めてかかっていたので、これはかなり盲点でした。必ずしも高額な電話加入権が必要だとは限らず、加入権を購入せずに引くことも出来ます。契約によってはものすごく格安な設定の通話料もあるので、スマホとうまく使い分ければ大幅に出費が減らせます。災害時にも最優先されるので強いし、停電でも利用できるし。そもそも固定電話はスマホみたいにムダに使うことがないので、通話料が全体的に抑えられます。使い方次第ですが、けっこう見落としている人も多そうです。